布ソファーについたイヤな臭いを取るための簡単&驚きのテクニック

重曹で臭い取り

布製のソファーについたイヤな臭い。洗剤でふき取ったりファブリーズをかけたりしても、なかなか取れなくて困っていませんか?

また、タバコやペットの臭いは普段生活していると自分では気づきにくいものです。来客があったときに「くさい!?」と思われないように、布についたイヤな臭いはしっかりと除去しておきたいものですね。

ペットの臭い

こちらでは、身近にある重曹や竹炭をつかって、布ソファーについた嫌な臭いを簡単に取る驚きのテクニックをご紹介します。

 

重曹をソファにふりかける

重曹で臭い取り

重曹をソファー全体にまんべんなくふりかけます。

約2~3時間おいた後、重曹を掃除機で吸い取ります。 この時、臭いも一緒に吸い取ることができるのです。

臭いがひどい部分には、ストッキングなどに重曹を入れ、数日間そのまま放置しておきましょう。重曹の効果は約3ヶ月ほど続きます。

 

炭を一晩ソファの上に置いておく

竹炭

炭はもともと消臭効果があるアイテムとして人気です。その炭をいくつかソファーの上に並べ、上からバスタオルなどをかぶせて一晩おくだけです。

炭がソファーの臭いを吸収してくれます。分量としては500g~1kgが効果的。

炭の消臭効果が落ちてきたと感じたら、煮沸して乾燥させると臭いの吸着力は回復します。最後は土に帰してあげるとOK。とってもエコで環境にもやさしい消臭アイテムなのです。

臭いがひどい部分には、不織布などに炭を入れて置いておくとより効果が期待できます。

ちなみに、「竹炭」は湿度を調整してくれる効果もあります。湿気の多いときには湿気を吸収し、乾燥してくると吸収した水分を放出するため、室内の湿度を快適に保ってくれますよ。

 

急な来客にはファブリーズ

上記は空いている時間に放っておくだけの簡単なテクニックですが、急な来客には即効性のあるアイテムが必要。そんな時は、やっぱりファブリーズでしょう。

ファブリーズ
https://www.myrepi.com/

気をつけなければいけないのは、ソファーの布地が防水・撥水加工されている場合。布地がファブリーズをはじいてしまうので、有効成分が繊維の奥のニオイに直接働きかけることができません。その場合は消臭効果も薄くなりますのでご注意ください。

また、ソファー全体には約20回ほど吹きかけなければいけません。しょっちゅうやっているとコストもかかりますのでご注意を。

 

まとめ

ソファーについた嫌な臭いを取るだけなら、上記の方法がとても簡単です。

汚れもあるようなら、中性洗剤を薄めて拭き取ったりと手間のかかるお手入れも必要。汚れのタイプ別のお手入れ方法 をしっかりと押さえ、ソファーを大事にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。