布のソファーはダニの温床?!ソファのダニを予防&退治する方法

ソファのダニ

布(ファブリック)のソファーは見た目も温かみがあり、ナチュラルなインテリアによく合います。ただ、布のソファーはダニの温床ともいわれるほど、ダニが発生しやすい場所。特に犬や猫などのペットを飼っている場合は、要注意です。

どうすればダニがつきにくくなるのか、その予防法と、ダニが発生してしまった場合の駆除の仕方をご紹介します。

布ソファーのダニを予防する方法

クーラーや扇風機の風を当て、乾燥させる

ダニは高温多湿な環境に発生します。リビングの隅に置いている場合は、湿気がこもらないようにクーラーや扇風機の風を当てるようにしてください。風通しのいいお部屋にソファーを置くのもポイントです。

結露しやすい窓際などは、絶対に避けるべきです。

 

加湿器を近くに置かない

ソファー 加湿器

ソファーの横に加湿器を置くのはNGです。ソファーの中に湿気がどんどんたまり、ダニにとってはこの上ない環境となります。

冬、乾燥を防ぐために加湿器を使う場合は、布のソファーの近くには置かないようにしてください。

マメに掃除機をかけ、ホコリやゴミをためない

ダニはホコリやゴミを食べて成長します。ソファーのクッションの下や隙間は、ホコリやゴミ(食べかすや髪の毛など)がたまりやすいところ。特に布の場合は生地の隙間からホコリが入り込み、たまってしまう恐れもあります。

クッションが外せる場合は定期的に外して、本体部分のホコリを掃除機でキレイに吸い取ってください。またクッション自体にも掃除機をかけるようにしましょう。

カバーが外せるものは外して定期的に洗濯する

カバーリングソファー

最近ではカバーが外せるソファー(カバーリングソファー)も増えてきています。できればそういったものを購入し、定期的に洗濯して清潔にしておいてください。洗濯した後は、しっかり乾かしてから取り付けるのをお忘れなく。

特に夏は身体がベタベタしがち。汗をかいたまま、布(ファブリック)のソファーでくつろぐのは厳禁です。布の上に汗・脂、皮膚が残ることで、ダニは寄生します。

汗をかいたときは、なるべく布のソファーには座らないようにするのもポイントです。

ソファーの上にモノを置かない

ソファーのダニ

ソファーの上が物置みたいになってはいませんか?

外から帰ってきて上着やコートをソファーの上にかけっぱなしにしていると、服についた汗や湿気、ホコリなどがソファーの布地に移ってしまい、ダニのエサになります。

布のソファーはつねに清潔に乾燥させておく。これがダニの予防の鉄則です。

ソファーの上でパソコンなどを使ったり置いたりしない

ソファーのダニ

最近、ソファーの上でノートパソコンやタブレット、スマホなどの電子機器を使う方も多いでしょう。それらの機器は少なからず熱をもっています。置きっぱなしにすると高温になり、ダニにとっては好条件となりますので気をつけてくださいね。

ソファーの下にホコリをためない

ソファーのダニ

ソファーの下、マメに掃除をしているでしょうか。フローリングの場合はクイックルワイパーなどでこまめにホコリを取りましょう。

カーペットや畳の上に置いている場合は、ソファーの下まできちんと掃除機をかけてください。フロアタイプのソファーの場合は、定期的に移動して清潔にするよう心がけましょう。

 

ダニが発生してしまったら!退治する方法

それでもダニが発生してしまったら。乾燥器をかけるとか掃除機で吸い取るなどいろいろな説がありますが、一番効果的なのはダニ専用の駆除剤を使うこと。ソファーの場合は、クッションの奥まで届くタイプのものが必要です。

畳用のダニアースを使う

sofa-dani
出典:http://www.earth-chem.co.jp/

畳の奥にひそむダニ・ノミに対し、特殊ノズルで注入噴射し駆除するタイプ。ソファーのクッションの奥にも同じように使うと効果的です。

また、クッションの表面にスプレーしてダニを退治することもできます。

いずれにしても、ダニアースを使ったあとは掃除機を念入りにかけ、ダニの死骸などをしっかりと吸い取るようにしてください。

また、この時ダニの卵は駆除することはできません。死ななかったダニの卵が成長したころに、再度スプレーし駆除することをおすすめします。

布団乾燥機で乾燥させる

ダニは乾燥した場所を嫌います。布団乾燥機を使ってしっかり乾燥させてあげましょう。

ただ、温度によってはダニはその場から逃げて他の場所に移ってしまうだけになります。一旦ソファーから追い出し、そのあとお部屋全体にバルサンなどを使うと効果的にダニを退治することができます。

もちろん、後は掃除機でしっかりと掃除してください。

まとめ

くつろぐためのソファーにダニが発生してしまうと、それはとてもストレスになります。特にダニアレルギーを持っている方は、布よりも革のソファーの方がダニが発生しにくいのでおすすめです。

常に清潔にし、食べかすやホコリはキレイに掃除することで、ダニの発生を予防しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。